価格差をうまく取り込む

「スプレッド」とは外為取引は外貨を買ったり、売ったりすることによって差益を得る商品です。

 

取引の値段は、1日中上下しています。

 

それが為替市場です。

 

インターネットでニュースをみていると外貨の情報が流れます。

 

よくあるのが「本日のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを言い表しています。

 

つまり、買値と売値の値が存在するのです。

 

売値、買値の事を別の言い方で表現している取引業者も存在しています。

 

通常は買値よりも売値が低い値段に定められています。

 

買値は高く、売値は低くなるのです。

 

その差額をスプレッドといい、会社の稼ぎといわれています。

 

スプレッドの狭さはFX業者によって違います。

 

スプレッドの広さは自分自身にとって負担になるので低いFX会社を選択するほうが得です。

 

ただし、同じFX会社でも局面によってはスプレッドは変化します。

 

仮定として通常時はドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの幅だったとしてもレートの変化がかなり大きい場面では1銭よりも大きくなったりするのです。

 

そういう訳で、スプレッドが低いのと同じくらい、変化が小さいのが大切です。

 

今では固定したスプレッドの差を見せるFX会社も多くあったりします。

 

リアルにFX取引会社のトレード画面の上で相場をチェックしなければ判断できないのでやっかいですが、とても重要なことです。

 

多額の資金を投入して売買するわけですから、本当の売り買いの前に気になるFX業者の口座開設をどんどんして、スプレッドの差を実感しましょう。

 

同じ通貨のペアでも、外国為替市場の変動率(ボラティリティ)によって、通貨ペアのスプレッドの狭さは変わることがあります。

 

一般的には、銀行間取引市場で取引量の多くて、流動性の高い外貨ではスプレッドの幅が狭く別の外貨では広がるのが一般的です。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 価格差をうまく取り込む
  2. テスト