自分なりのけじめ

任意整理という言葉は普通負債整理というふうに呼ばれていておのおの債権を有する者に対して借金の支払いを続けることを前提とした債務の整理の手だてとなります。

 

一般的な流れは司法書士もしくは弁護士の資格を持つもの債権を有する者と債務者との仲介をして示談をして、利息に関する法律にかんがみて利息の適用し直しをもとに新たに計算しなおした借りたお金の元金にかかる年利を減らす方法で3年くらいの時間をめどに返済を完了する借金整理の順序です。

 

この手順を踏む場合はいわゆる裁判所などの公的な機関が関係することがないためこれ以外の処理と比較すると手続きした場合における不利になる点があまりなく手続き自体があまり負担になりませんので、一番初めに考慮するようお勧めする手順でもあります。

 

くわえて、債権者がサラ金のようにとても高額な金利であるなら利息を制限した法律が明記している金利をゆうに超えて渡した金利に関してはその元金に充当するとしてもととなる元金そのものを減らすことだって可能です。

 

ですので、ヤミ金業者などの法外な借入金利のところへある程度の期間返済しているケースならある程度の金利分を減額できることもありますし10年以上返済を続けている例だと負債そのものが消化されてしまう可能性もあります。

 

借金の整理の良いところは破産宣告と違いある部分だけの借金だけを処理していくことができるため、他に連帯保証人が関与している借入金以外だけを手続きをしたい際や住宅ローンを別として手続きしたい際なども適用することもできますし、全ての財産を手放してしまう必要がないので、クルマや有価証券自分名義の財産を持っていて手放してしまいたくない場合においても選択肢になる借金整理の手順です。

 

いっぽうで、手続き後返済する額と実際としての所得額をかんがみて、適度に完済が見通せる場合においては任意での処理を進めるほうが良いですが、自己破産手続きと異なり返済義務自体がクリアーになるというわけではありませんのでお金の総額が巨額な場合においては、実際に任意での整理の選択肢を選ぶのは容易ではないということがいえるでしょう。